uosando’s blog

この前までハードに生きてきたが、ゆるく生きようをモットーに生きてるユルリーマンのブログ。

キングコング西野の梶原へのフォロー【ド正論】

いやあ面白かった。何がというとキングコング西野の自身のyoutubeでの番組での梶原に当てた動画があったんです。急上昇ランキングにも入ってたかな?結構再生されてるみたい。

 

もったいぶらずに事の顛末を話しますね。西野の相方の梶原も良く燃えるタイプなんですよね。実は(炎上コンビ)今回燃えたのは西野じゃなくて梶原の方なんです。

 

YOUTUBERのヒカルと雨上がり決死隊の宮迫がタッグを組んでテレビのCMに出るという快挙に。ヒカルと宮迫は生配信で自身のCMを感慨深く見るという良い内容。そこに割って入ったのがキングコングの梶原。

 

スパチャというYOUTUBE投げ銭を出来るシステムがあるのだが梶原はスパチャで、ヒカルと宮迫の生配信に応援とお祝い。ここまでは良かったのだがヒカルが生で電話して梶原にコンタクトを取る。

 

ヒカルが梶原に3人でコラボを提案。自分も含め宮迫も交えて3人でコラボしたいと。だけど宮迫さんとはコラボしないと自身の姿勢を表明。ここまでもまあ仕方ないかなと思わせる内容。ここからがまずかった。

 

自分のチャンネルで宮迫とコラボ出来ない理由も40分近くの動画にする。その内容が酷くて梶原炎上。というのが事の経緯です。梶原の動画見た全員が梶原にモヤッとしたスッキリしない内容になんだかなと思っていたと思う。

 

そこに救いの手を差し伸べたのが相方西野という事なんです。流石芸人だなあって思う内容でした。動画はキンコン西野が梶原に送った手紙というタイトルです。笑った。

 

誰もがモヤッとしてた部分を言語化して代弁してくれたらなんであんなに面白いんだろうか?お笑いのメカニズムですね。

 

そういう笑いってダウンタウンの松っちゃんもよくやってるよなあ。例えばガキの使い

 

随分前だけど山崎邦正(今は月亭邦正か)がガキの使いのハイテンショントップテンとかいう企画でトリだったんですね。山崎はいつものようにハイテンションを演じるが1人か2人くらいのスタッフがちょっと笑ってるくらいのダダ滑り状態。

 

この空気どうすんねんという感じにしてしまった山崎に放った松っちゃんの一言が面白かった。「全然ウケてへんやん」wwwなんやろ。状態を俯瞰でそのまま代弁してくれたらなんでこんな面白いんやろ。

 

他にもガキの使いで自身がハガキコーナーでバシッと決めなあかん時にシーンとさせてもうて浜田も渋い顔してるのを見て松っちゃんの一言。「僕、吉本クビですか?」www

 

いやあ、それに近いものを感じたな。梶原の失態を世間の声で代弁するみたいな動画で面白かったです。西野流のフォローだったんだな。あと、西野って世間側にも回れるんだな。客観的に物事を捉えることが出来る優秀さを改めて感じた。