ゆるゆるサラリーマンのよろずブログ本舗

この前までハードに生きてきたが、ゆるく生きようをモットーに生きてるユルリーマンのブログ。

ブロガーに意識高い系クズが多い。

本日2本目でございます。今日は攻めた記事が多いですがしかと受け止めていただきたい。さて、一般的な人から見てブロガーってどんなイメージを持たれてるだろうか?多分あまりいい印象を持たれてないのじゃないかな。

 

彼らをアフィカスと呼んで金儲けを目的として記事を書いたり、または企業から案件もらって商品紹介して企業をベタ褒めして魂売ってお金を儲ける連中もいる。

 

そんなんだったらサラリーマンと変わらないやん。サラリーマンに反旗を翻したいからブロガーになったはずなのに。僕はそんなのと一線引きたいためにブログを収益化してない。僕が月間ミリオンPV突破したら流石に収益化しようかな?それまではお金は一切手にしない。

 

あとは無駄に本だけは沢山読んでいて本から取ってきた言葉を繋ぎ合わせてつぎはぎだらけで自分の頭で考えたことを発信しない意識高い系クズ。これが圧倒的に多い。

 

一般の人より本だけは沢山読んでいて賢い風に見せてるが1番タチが悪い。まさにバカとつきあうなである。本から引っ張ってきたことを自分の頭で考えず鵜呑みにして発信するからホントに困ったものである。バカが賢いフリするな

 

彼らの合言葉はこうだ。

①副業とかブログで生計立ったら脱サラ

不労所得で楽に生きる

③サラリーマンをディスる(そのくせまだサラリーマンだったりする)

フリーランス最高

⑤シンギュラリティで世の中の仕事がなくなる

 

うん。僕も同意する部分はあるんだけど。ほいで好きなことだけで生きていくとか言ってイヤなことはしないと言ってる割に好きな事を仕事に出来ずにサラリーマンやりながらサラリーマンをディスるみたいな訳のわからないヤツもいる。

 

要するに自分の頭で何も考えてないからそんな事になるのだ。誰かが言ってるような耳触りのいい甘い言葉に乗せられているのだ。あと行動力が全く足りないし価値を世の中に提供していないし信用が足りない。

 

世の中ってのは価値を提供してはじめて対価をいただける仕組みになっている。意識高い系クズはそれをすっ飛ばして何が何でもすぐに楽になれる方法ばかり考えるからいつまでも楽になれないのだ。自分のブログがどれだけの価値を世の中に提供出来てるか冷静に考えるべきである。

 

まずは自分のパフォーマンスを上げる事を第一に考えてお金の事は置いといて世の中に価値を沢山提供して世間様に評価される事である。僕らの価値を決めるのは自分じゃなくて残念ながら世間の皆様である。

性にたいしてオープンな女性。AVに出るのも昔みたいにお金のためだけじゃ無さそう

性にたいしてオープンな女性は一定数いる。僕は全然認めているし何人とセックスしようが別に本人たちの自由だと思っている。だいたい性欲だけ切り離されてそれを満たすのははしたないと言われてるのはやっかみとか偏見とか頭の固い古い考え方だと思う。

 

性欲を満たすのは食欲を満たすのとなんら変わりない人間としての欲求である。えてして性にオープンな女性は食欲も旺盛で喋るのも好きでパワフルで行動的でまあとにかく一度しかない人生を無駄に過ごすのが嫌いでやりたい事は素直に照れずにやるタイプの人が多い気がする。

 

AVに出る女性は昔はお金に困ってというパターンが主な理由だったようだが今は時代が変わって女性の意識も変わってきたように見える。お金に困ってというより刺激を求めてとか承認欲求を満たしたいというのが本音じゃないかなと。

 

世の中の男子が草食系男子すぎて全然つまらないから全く真逆のスリルと興奮を味わいたいという事だと思う。確かにオンナとしての欲求をして欲しい事を満たしてくれるような男子は少ないと思われる。特に日本の男性は消極的でシャイな人が多いから満足できないってのもあると思う(僕も人のこと言えないか)

 

簡単に言うと性にオープンな女性は欲張りなんだろう。だけどパワフルでその旺盛な生き方は世の中の成功者が持つ独特の特徴と似てる。多分、男として生まれたら凄い事を成し遂げていたかもしれない。世の男も成功者はどことなくスケベでパワフルでエネルギッシュだ。ムッツリみたいな中途半端な不完全燃焼の男が1番成功とは程遠い。

 

なんなんだろうね。日本におけるセックスとか性にたいして閉ざしてる感じ。クソつまんないよね。腫れ物に触るように秘密にするいやらしい感じ。だからそれをオープンにして彼女らは風穴あけようとしてるのかもしれない。

 

女性でちんぽというワードを言うのが好きな女性も結構居ると思う。とある女性声優がアフレコでちんこというワードを言った女性声優がいるけどノリノリで言ってたらしい。世の中の男が思ってるより女性は性にオープンだし日常生活で押し殺してる性癖をどこかで吐き出したいと願っているのかもしれないよ?

 

余談だがこのブログの筆者は子供の頃にオープンな女の子に振り回された事がある。突然脱いでくる女の子もいたしオシッコするとこを見た事もある。余談だけども。

学校で落ちこぼれたら全てが終わりだった時代。昔は顕著だった。

引用させてもらうが昔ジャンプにアウターゾーンという漫画が載っていた。世にも奇妙な物語の漫画版みたいな。その中に冴えない運動オンチの今でいう陰キャ系男子キャラが主人公だった回がある。

 

単行本でいうと6巻に収まっているはず。ゲームだけは得意だけど他には何の取り柄もない男子が最終的には驚きの姿になる回である。漫画として描かれ方が1話完結なんでボリューム的には物足りない。深掘りすればもっと面白くなっただろう。

 

で、今回言いたいのはアウターゾーンの紹介じゃなくてアウターゾーンの連載の頃だった90年代はこの男子キャラのように学校で居場所がなかったらほぼ全てが終わりな時代でもあった。その前の80年代もそうだったかな?

 

今でこそ色んな考え方が普及してきていて不登校っていう選択肢が親の方でも認識されたり学校だけが正義って考え方も少しずつ変わりつつあるのかなと感じる。もちろん学校行く事ができるのであればそれにこした事はない。

 

ただアウターゾーンの男子みたいに勉強でつまづいてしまえばそこから先は目に見えている。学校の授業はその生徒の為に授業のスピードを緩めたり立ち止まってくれる訳はなくて置き去りにされながら学校というものは進んでいく。

 

自分が全然授業を理解できてない事を打ち明ける事が出来ないままそれが成績に反映されて出来ない男子のレッテルをはられてまわりにバカにされる生徒になってしまうのだ。

 

さらに運動オンチであれば集団行動を要求される学校の中では悪目立ちしてしまう。学校の中でももてはやされ女子からも羨望の眼差しを受けるのは運動ができる男子である。運動オンチな男子は女子から笑われ男子からはあいつ邪魔と邪険に扱われてしまうのだ。

 

そんな状況になり学校に居場所がなくなった生徒でも親の認識か昔の時代はそれでも学校に行けという選択肢しかなかったように感じる。学校に行けというのは学校の中でも努力して普通の生徒たちと同じ成果を出して来いという意味であろう。それが出来るならとっくに出来てる

 

とっくに学習を初手から見失なって運動という人によって個体差が出るものでも普通の生徒たちと同じ戦いをして勝ち目なんかない。もうこうなるとみんなと同じところから学習するのはやめてレベルを下げてもう少し下のレベルのところから学習して自信を取り戻すしかない。

 

さらにアウターゾーンの男子は学校の授業ではなんら得意なものを発揮出来なかったがゲームだけは人よりかなり得意だった。昔の時代はゲームが得意でも将来的になんの意味ないというのが親も教師も世間からも主流な考え方になっていた。

 

今でこそeスポーツというものも認められてゲーム実況配信を仕事にして食べることもやろうと思えば可能である。こんな時代にアウターゾーンの彼も生まれてきたらこんなに苦労することなかったかも知れない。

 

学校で落ちこぼれたら昔は本当に終わりだった。今は学校以外に居場所を作りやすいし選択肢が広がった。長い目で見れば学校で落ちこぼれてたことなんて人生でたいしたことない。だけどあの頃は学校こそが自分の世界の全てだからそこで成果出せなかったら自分というのは生きる価値のない人間なんだと思い込む。

 

学校で落ちこぼれたというより僕はそういう子は成長がちょっとまわりより遅いだけだと思う。だけど確実に成果は出せるようになれるし成長は出来る。親御さんも教師もそんな子を見限らないで欲しい。

生きることに手を抜きはじめたおじさん。もうひと花咲かせて欲しい。

昨日書いた昔は良かったと過去を引きずるおじさんの記事。

 

uosando.hateblo.jp

 

それに繋がるハナシなんだけど僕の職場にもそんなおじさんが居て。特定されても困るのであまりエピソードは出せないんだけど。やっぱ見てるとどこかで手を抜きだしたんだろうなって

 

お腹もぽっこり出てしまってメタボでコミュニケーションも難ありで。生きる覇気を失ってしまったおじさんが同じ現場に来てるのね。僕より遥かに年上だろうけど。

 

このおじさんも昔は頑張っていたんだろうけど今は見る影も無い。まわりは20代とか30代とかで若い勢いのある人が主任や係長や課長になっていく中でヒラのままでこの年まで来て。同じくヒラの僕が言える立場じゃないけど。

 

おじさんになったからダメになるんじゃなくてダメな人がおじさんになったという事だと思う。おじさんでも立派な人は沢山いるし。

 

僕は見てて悔しいのよね。同じおじさんとして。仕事にも覇気がないから自分の息子くらいの年齢の年下の主任や係長にこき使われて。何も思わないのかなって。

 

ただ会社に居る年数が長いだけのお局様で終わって欲しくないなって。ベテランの底力を見せて欲しい。同じおじさんとして見ててそう思うのだ。もうひと花咲かせようよ。

昔は良かったと過去の栄光に浸るおじさんについて分析した

痛いところ突いちゃいますシリーズ。というわけで今回のターゲットは何かと昔を思い出して過去の自分の栄光に浸るおじさんについて分析してみた。僕もおじさんなんでそうならないように戒めます。

 

そういう過去の栄光だけを持ち出して人前で語るおじさんはどうして生まれるのだろうか。僕が思うにそのおじさんも昔は本当に光り輝いてたんだと思う。

 

では何故そのおじさんは現在、手を抜くって言ったらおかしいけど昔よりガムシャラに頑張らないようになって過去にすがるようになってしまったのだろう。

 

簡単に言うと人生に飽きてしまったのだと思う。僕ら人類は年々寿命が長くなって人生100年と呼ばれるようになってきた。1番輝いていた栄光時代で全盛期でスパッと終われるならいいけどそんな風にはならない。

 

全盛期をすぎてちょっと身体や見た目が衰えても生きていかねばならない。若い頃はモテたくていい女と付き合うとかをモチベに仕事やダイエットや筋トレやらに励むってのが少なからずあったと思う。

 

まあでもそんな気持ちも徐々に薄くなって(髪と共に)見た目にも気にしなくなったり子供も自分の手を離れたりで頑張る理由が薄れていくのもあるのだろう。

 

人生で経験してない事も少なくなってきて何を理由に頑張ったらいいかわからないのも正直なところじゃないかな?もうええやんみたいな気持ちになってきて。

 

んで、昔の頑張ってた頃みたいにチヤホヤして欲しいけど現在の自分になんにも語れる実績がないから過去の自分の実績を持ち出してそれを引き合いにまたチヤホヤして欲しいから過去の栄光を語るおじさんが出来上がるのである。

 

ただそうやって過去の栄光に浸るおじさんをあまり擁護ばかりしてられない。昔は良かったという事は今は昔より落ちてきてるという証拠である。今が昔より良くないおじさんを誰が相手にしてくれるのか。

 

そんなおじさんに注意したりダメ出しする人が居なくなって(おじさんより年下が増えてきて)おじさんが改善したり変わる事なくそれでいいんだと増長してしまうわけである。

 

ここからはまた輝きを取り戻すためにおじさんが出来る事を考えてみた。

 

①まだ経験してない事に挑戦する

②会社以外の人と会う。自分より頑張っている人と会って自分のケツを叩く

③今更と思わずに自分に投資する。ガチャに課金するくらいなら自分に投資する(僕も白髪染めやります笑)

④出来るならもう一度若い時みたいに恋愛してみる。

⑤自分はまだ人に見られてるんだという意識を持つ。だらしない姿を人前で見せない。おじさんでもいいやと開き直ったらますます人生がつまらなくなる

 

過去の栄光にすがるおじさんって現在の自分の姿に背を向けて全然自分と向き合っていないのね。正しく自分を捉えられていない。もう一度自分と向き合って栄光を取り戻すんです。休憩はここまでにして。

いきなりてっぺんを目指す人は目標が高すぎるんだよ

僕が思うになんかを始めようとしていきなりてっぺんを目指して挫折する人が多いなって。たとえばほとんど女の子と喋った事ないのに彼女が欲しい人とか。何も特に努力してないのに大金を掴みたいとか。ブログでいきなりミリオン目指したりとか。

 

ほいで挫折してオレには才能がないのかと落ち込んでしまって。ちゃうねん。才能よりも前に目指してるところが遠すぎるねん。何百キロ離れた目的地に徒歩でいきなり行こうとするから挫折する。ナンボ歩いても目的地が見えなすぎて絶望するのは当たり前で。

 

そうなると方法は色々とある。とりあえずは中間の目的地を設置してそこまで頑張るとするとか。どうやったら車やバイクを調達出来るか自分の頭で考える。車やバイクを調達出来たらだいぶ楽に目的地につける。

 

女の子と話した事ない人はいきなり彼女をつくるんじゃなくてまずは女の子と関われる環境を自ら生み出した方が良い。ほいでちょっとでも楽しく会話するのを目標にする。何回か成功するうちに会話するの楽しくなってきたら次のステップに進む。

 

女の子と会話した事ないし会話してても苦しいしツライのに彼女作るなんてそんなアクロバティックな事は不可能である。みんなやっぱり苦手意識を克服して次のステップに進むわけである。

 

いきなりてっぺんを目指してしまう人の心理はいかほどか?なんでてっぺんを目指してしまうんだろう。1つはやっぱりまわりの雑音に左右されて焦りから来るものだろうか。

 

SNSとかでも華やかな結果を聞かされたりまわりが上手くいってる報告を聞かされたりして憧れや羨ましさがくすぐられるのだろう。なんでオレだけこんな風にみたいな惨めな気持ちにさせられて。

 

ほいでそれに対抗するためにその人と同じ成果を出したいといきなりてっぺんを目指してしまうというところだろうか。まあそうなるくらいなら一回雑音をシャットダウンした方がいいかもしれない。

 

僕みたいにブログで結果が出ないまま2年間も下積みしてようやく最近で結果出てきたブロガーもいるからホントにローマは1日にして成らずなんだよ。コツコツやろうぜ。僕みたいに。

頑張ったご褒美にお酒。リキュール類を買いにイオンに。

今日はいつもと趣向を変えてユルイ記事を投下します。いつもご意見番みたいな事やってると疲れる。最近の近況などを交えて。

 

そうそう、ボーナスが入ったんだわ。転職して2年目になるけど。夏のボーナス。今回は37万出た。上出来かな?そのかわり去年かなり頑張って1年間駆け抜けたけどね。

 

夜勤も果敢にトライして。出来る仕事は片っ端から取り組んできた。新しい作業にも年間目標を決めて全部やり切ったな。その積み重ねがあっての事だと思う。

 

お金の使い道はクーラーを買い換えするかな。クーラー高いよね。設置工事とか含めたら10万以上する。高え。

 

あとはもうちょい後になるけど四国に2泊3日くらいするかな?場合によると3泊するかも?お盆休みに思い切って鉄道旅をします。今年に入って初めてちゃうかな?長らく行けてない。

 

あとはお酒を買おうと思ってたの。シーバスリーガルとかジョニーウォーカーとかレミーマルタンとか。価格帯で言えば5000〜12000円くらいの価格のやつ。んで買いに行ってきた。イオンのお酒の店に。

f:id:uosando:20220627114842j:image

ちょっと関係ないけどバカボンのパパ、ママとかいう芋焼酎があったのでパシャリ。ほいで買ったのがこれ💁‍♂️

f:id:uosando:20220627115024j:image

レミーマルタンとかじゃないやん。売ってなかったねん。これはこれで。さっぱりしてて美味しそうなんで買ってきた。しめて2500円くらい。毎日ちょっとずつ飲もう。6日間は楽しめる。さっき名前挙げてたお酒はまた別で通販サイトで買おうかな?